睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。ペット、漫画、暮らし、お金関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

【スポンサーリンク】

【漫画感想】『ゼロの日常』第1巻~安室透が好きなら読もうよ~

スポンサーリンク

『ゼロの日常』第1巻感想、安室透が好きなら読もうよ

 

『ゼロの日常(ティータイム)』のコミック第1巻が発売されました。

 

週刊サンデーで連載が始まってから、発売を待っていました!

 

第1話はサンデーを買って読みました。

ただ、毎週サンデーを買うのはなぁ・・・と思っていたので、コミックが発売するのを待つことに。

 

連載も順調、人気も好調で、『ゼロの日常』のコミックが発売です。

わたしと同じように、毎週サンデーを買っていなかった人は、待ち遠しかったのではないでしょうか。

 

わたしは今年のコナン映画、『ゼロの執行人』を観て、安室さんの魅力にはまりました。

そして、名探偵コナンという作品自体にも改めてはまりました。

 

わたしのように、『ゼロの執行人』を観て、再度名探偵コナンにはまったあなた

『ゼロの執行人』を観て、安室透ファンになったあなた

 

まだ『ゼロの日常』を読んでいないのなら、ぜひ読むべきですよ!

この1冊の中に安室さんの魅力がたっぷりつまっています。

 

 

 

『ゼロの日常(ティータイム)』とは

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』が大ヒットになった要因である人物、安室透が主人公のスピンオフ漫画です。

作者は新井隆広先生で、名探偵コナンの作者の青山剛昌先生が原案協力として参加しています。

 

安室透とは、私立探偵の安室透、公安警察の降谷零、黒の組織のバーボンというトリプルフェイスを持つ男です。

この3つの顔を持つという謎めいた感じが魅力ですね。

 

そんな彼の日常に焦点をあてた漫画が『ゼロの日常』です。

 

 

『ゼロの日常』第1巻ではこんな安室透が見れる

『ゼロの日常』第1巻には全部で10話のストーリーが収録されています。

トリプルフェイス、3つの顔すべてを見ることができます。

 

さらに、料理、車の運転、射撃、犯人との格闘、トレーニング姿など、安室さんのいろんな姿を楽しめます。

 トリプルフェイスを使い分けるのも大変だなぁと感じる場面もあり、完璧な姿だけではなく、ちょっと抜けた姿も見れるのがこの漫画の魅力です。

 

名探偵コナンの本編では、ここまでいろいろな姿は見れないでしょうね。

 

 

新井隆広先生の絵は青山剛昌先生に近い

スピンオフの漫画って、作画の人が変わるので、ちょっと印象が変わることがありませんか?

あきらかに絵の雰囲気が違うとき、わたしはスピンオフ漫画を受け入れられない時があります。

 

しかし、新井先生の絵は、『名探偵コナン』の青山剛昌先生の絵に近いので、『名探偵コナン』ファンの人もすんなりと受け入れられると思います。

 

 

 

 

青山先生から絵の修正もあるので、より『名探偵コナン』の絵に似ていて、ファンにも好評ですね。

 

8話~10話の犬とのストーリーがキュンとくる

5話に出てきた犬が再登場し、安室さんが洗車した車に足跡をつけたことからストーリーが始まります。

その犬は安室さんについていこうとしますが、安室さんは飼えないからついてこないようにと犬に言い聞かせるのです。

でも、その犬は危ない目にあってでも、何度も安室さんについていこうとします。

結局最後には過去の自分の姿と重ね合わせ、飼うことに。

 

安室さんがその犬を動物病院へ連れていくといシーンもあり、なんだか微笑ましいです♪

ちゃんと名前もあるんですよ。

かわいい名前です。

 

 

2巻発売は10月18日

『ゼロの日常』第2巻は約2か月後の10月18日に発売が決まりました。

ペースが速いですね!

そして、10月18日には、名探偵コナン95巻も発売します。

久しぶりの発売なので嬉しいです。

10月が楽しみです♪

 

『ゼロの日常』第2巻の感想もどうぞ

www.mutsukitorako.com