睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。ペット、漫画、暮らし、お金関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

【スポンサーリンク】

『ゼロの執行人』鑑賞後の視点で観た『純黒の悪夢』の見どころポイント

スポンサーリンク

『純黒の悪夢』見どころポイント
今年のコナン映画『ゼロの執行人』の人気はまだまだ続いていますね。

 

『ゼロの執行人』の主役はトリプルフェイスを持つ安室さん。

映画の内容は安室さんが所属する公安警察がメインのお話です。

 

警察、検察、公安などの関連性など少し難しいところもありますが、大人も十分楽しめるコナン映画です。

 

ところで、安室さんがコナン映画に登場するのは今回が2回目です。

安室さんの最初の登場は、2016年の『純黒の悪夢』です。

 

この映画でも安室さんは公安警察としての顔を見せます。

さらに、因縁の相手である赤井さんも登場します。

そのため、赤井vs安室の対決シーンも見どころの一つです。

 

私は以前に『純黒の悪夢』を観たことがありますが、『ゼロの執行人』を観た後にもう一度観てみました。

すると、『純黒の悪夢』がさらに楽しめることに気づきました。

 

そして、『ゼロの執行人』を観た後の視点で観ると、少し似ている部分を見つけることができました。

また、『純黒の悪夢』だけの魅力もありました。

 

この記事では『ゼロの執行人』を鑑賞後の視点で観た『純黒の悪夢』の見どころポイントについて紹介します。

 

 

 

『純黒の悪夢』について

youtu.be シネマトゥデイ

『純黒の悪夢』は2016年に公開された20作品目のコナン映画です。

ノックリストというスパイが誰でであるかを記したリストおよび、オッドアイの謎の女性をめぐり、黒の組織と対決するストーリーです。

安室さん初登場の映画です。

予告を観るだけでも興味が惹かれますよね。

 

 

『ゼロの執行人』と似ているところ

コナン、赤井、安室の3人の協力関係が見どころ

『ゼロの執行人』では、協力、協力者がキーポイントになっています。

安室さんはコナンくんに協力してもらうために策を仕掛けます。

ラストでは2人が協力して危機を回避するのが見どころの1つです。 

 

『純黒の悪夢』でも、協力関係がみられます。

こちらでは、コナンくん、赤井さん、安室さんの3人の協力関係です。

立場の違う3人が終盤の観覧車のシーンで協力して危機を乗り越える姿は魅力的です。

特に、赤井さんと安室さんが対決している時に、コナンくんが観覧車に仕掛けられている爆弾を解除して欲しいと協力を求めるシーンは印象に残ります。

対決していた2人もコナンくんが間に入ることで同じ方向を向きます。

 

立場は違えど目的は同じ3人。

いつか本編でもこんな協力シーンが見られたら嬉しいですね。

 

 

アクションシーンが豊富

『ゼロの執行人』はアクションシーンも魅力的でした。

特に終盤のカーアクションやガンアクション。

ありえないくらいの運転技術ですよね。

 

そのありえない運転技術は『純黒の悪夢』も同じです。

始まってすぐのカーチェイスはすごいですね。

最初の3人のカーチェイスはなかなか迫力があります。

 

『純黒の悪夢』は『ゼロの執行人』よりもさらにアクションシーンが多いです。

黒の組織との対決の映画だからっていうのもあるでしょうね。

黒の組織だから容赦なく撃ってきて、いかにも悪って感じが出ています。

 

 

風見刑事は『純黒の悪夢』でも盗聴されている

『ゼロの執行人』では、コナンくんが風見刑事に盗聴器を仕掛け公安警察の動きを探ります。

『純黒の悪夢』でも、風見刑事かは分かりませんが、公安警察が黒の組織に盗聴器を仕掛けられています。

黒の組織に公安警察の動きが筒抜けになってしまいます。

 

『ゼロの執行人』で安室さんの部下として登場シーンの多かった風見刑事は、『純黒の悪夢』でも結構登場しています。

風見刑事に注目して『純黒の悪夢』を見直すのも面白いかもしれません。 

 

 

『純黒の悪夢』のみの見どころ

赤井vs安室の対決シーン

『ゼロの執行人』には赤井さんは登場しません。

なので、コナン映画で赤井さんと安室さん2人が登場するのは今のところ『純黒の悪夢』だけです。

因縁関係にある2人の対決は最初のカーチェイスと終盤の観覧車のシーンです。

赤井さんのおかげで安室さんはピンチを救われたのですが、いろいろと納得もいかず折り合いもつかずで対決に至ります。

安室さんの正義が隠れているのかなぁと『ゼロの執行人』を観たあとに観ると感じました。

 

赤井さんとのやり取りが見られるのは『純黒の悪夢』だけの見どころですね。

 

黒の組織の登場

『ゼロの執行人』での安室さんは公安警察としての降谷零がメインの話でした。

バーボンの影は一切ないです(目つきが気になるシーンはありますが)。

 

『純黒の悪夢』は黒の組織のことをテーマにしているので、黒の組織のメンバーがしっかり登場します。

安室さんもバーボンとしての顔も見せます。

本編でも黒の組織が関わる話ってハラハラドキドキして結構面白いです。

『純黒の悪夢』も同じように面白いです。

 

映画オリジナルキャラクターのキュラソーの設定もなかなか良いです。

 最後は悲しいこともありましたが、良い終わり方でした。

あとは、組織ナンバー2のラムが誰なのか。

『純黒の悪夢』では、顔も声も分からない状態で登場します。

あのしゃべり方にヒントがあるのか・・・、分かりませんね。

 

 

最後に

『ゼロの執行人』を観て安室さんにはまった人は、『純黒の悪夢』も観ることをおすすめします。 

違った魅力を発見できるかもしれません。

 

もちろん、もうすでに『純黒の悪夢』を観たことのある人にもおすすめです。

 特に、『純黒の悪夢』を観てから時間が経っていて内容を忘れている人はもう一度観ると違った見方ができるかもしれません。

 

『ゼロの執行人』に似ているところ、違うところなど、いろいろ考えながら見つけながら観ると『純黒の悪夢』がさらに楽しめると思います。

 

そして、映画を観たあとは、名探偵コナン 安室透/バーボン/降谷零シークレットアーカイブスPLUS: 劇場版『ゼロの執行人』ガイド (少年サンデーグラフィック)もおすすめです。

 『ゼロの執行人』の公式ガイドでもあるこの本には『純黒の悪夢』の絵コンテなども一部載っています。

安室さんファンの方にはおすすめの内容だと思います。

 

 

『純黒の悪夢』を観る場合、今ならHuluがお得。安室さん関連のアニメも観ることができます。

 

 

 

では、最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

 


30歳代ランキング