睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。ペット、漫画、暮らし、お金関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

【スポンサーリンク】

書評『FLY HIGH』~石原舞がトランポリンで笑顔を飛ばす~

スポンサーリンク

FLY HIGH


今、あなたには叶えたい夢はありますか?

 

夢があってもなかなかふみ出せない

夢がなにか分からず立ち止まっている

 

『FLY HIGH』は、そんなあなたの背中をほんの少し、押してくれます。

 

 

トランポリンで世界中の子どもを笑顔にしようと奮闘する石原舞さん。

ものすごく行動力のある女性で、読んでいるとすごいなぁと思うことがたくさんあります。

一方で、たくさん悩み、涙を流し、壁にぶつかります。

 

旅はなんでもうまくいくような旅ではありません。

だからこそ、共感できる悩みがいくつもあります。

 

 

本の中に、これからの自分を考えるヒントが落ちているかもしれません。

 

では、『FLY HIGH』の魅力について紹介します。

 

 

 

ただの旅の本ではない

『FLY HIGH』の著者である石原舞さんは身長143cmの小柄な女性です。

そんな彼女が大きなトランポリンを担いで仲間とともに13か国を旅をします。

彼女たちのチームFLY HIGHの旅をつづったのがこの本です。

 

この旅には目的があります。

それは、「笑顔をつなげたい」。

トランポリンで子どもたちに笑顔を、そしてそれを見る大人たちにも笑顔を。

 

世界の笑顔を繋ぐ旅

 

夢に向かって歩み続ける彼女の想いと生き方がつまった本です。

 

 

石原舞さんは良い意味で人を巻き込む

大きなトランポリンを海外に持っていき旅をする。

普通に考えたら、なかなか大変なことです。

無理なんじゃないか?と思いますよね。

 

石原舞さんは無理だと思えることも、なんとかしようと行動します。

そんな無理だと思えることも、いろんな人を巻き込んで可能にしようとします。

 

出国前からたくさんの人を巻き込んで行動するエピソードがあります。

ただ、巻き込まれた人たちはきっと嫌な気持ちになることはないのだろうなぁと感じます。

 

巻き込まれた人にも笑顔や幸せな気持ちを与える。

これは彼女の魅力の1つでしょう。

 

 

生き方を学べる本

石原舞さんは心を病んでいた時に子どもの笑顔に救われました

自分と同じように、子どもの笑顔で救われる人はいる。

このことをきっかけにトランポリンで笑顔を繋ぐ旅を始めました。

 

旅の中で、いろいろな苦悩があり、いろいろな壁にぶつかりました。

それは地域、宗教、歴史のしがらみによるものも多くあります。

 

また、トランポリンで笑顔になるのはほんの一瞬のこと。

こんな小さなことに意味があるのか

旅の中で何度も自分に問いかけています。

 

ほんの一瞬のことも小さなことも、これをきっかけに誰かがが未来を動かすかもしれません。

 

彼女の苦悩や想いや生き方は、読者であるわたしたちにも共感でき、学べることがあります。

 

 

印象に残ったエピソード

それはラオスでのエピソード。

お坊さんにもトランポリンを跳んで欲しいとお坊さん探しに出かける舞さん。

そこで出会ったお坊さんに1つだけ質問されました。

 

「Where will you go?」君はどこに向かっている?

本文より引用

 

この質問に彼女は一瞬時が止まったような感覚を味わいました。

 

そしてそれは読者であるわたし自身も同じでした。

 

彼女はその時の精一杯の言葉をお坊さんに告げます。

この質問に対しての明確な答えを見つけることはできるのか・・・。

 

自分のことを重ね合わせながら考えてしまいました。

 

 

本を読むきっかけをくれた人

わたしは元々そんなに本を読むタイプの人間ではありません。

どちらかというと、活字が苦手な人間です。

 

そんなわたしが『FLY HIGH』を読むきっかけをくれた人は、カワジュンさん(@kawayoshijun)です。

こちらの企画がきっかけになりました。

 

 

 読むことでわたしの中で何か変わることがあるかもしれないという期待を込めて応募しました。

プレゼントして頂くからには、しっかり読んで自分の中で消化してアウトプットしたいと思っていました。

 

思っていた以上にいろいろと考えるところがありました。

わたしだったら誰かのために何ができるんだろう・・・

これからそれを見つけていきたいです。

 

迷った時、立ち止まった時にわたしの背中を押してくれる本になりそうです。

 

 

そして、本を下さったカワジュンさんですが、FLY HIGHのギリシャ~アフリカの旅に参加するとのこと。

石原舞さんの講演会に参加し、いろいろ悩みながらも同行を決意しました。

 

そんな彼の記事がこちらの2つです。

講演会参加の様子と旅への決意をつづっています。

もしここまで読んで『FLY HIGH』のことが気になった人は、こちらの記事もぜひ読んで下さいね。

www.kawayoshijun.com

www.kawayoshijun.com

 

最後に

トランポリンを担いで笑顔を繋ぐ旅をする石原舞さん。

彼女の生き様を描いたこの本『FLY HIGH』は、読む人それぞれに、同じ人でもタイミングによって感じることは違うでしょう。

 

いま霧の中にいるような、モヤモヤすることがある人に読んで欲しいと個人的には思います。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

このブログで少しでも笑顔を繋ぐお手伝いができていれば嬉しいです。