睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。ペット、漫画、暮らし、お金関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

【スポンサーリンク】

【漫画感想】『ヲタクに恋は難しい』第6巻~実写映画化も決定~

スポンサーリンク

ヲタ恋6巻感想

 

オタクたちの日常や恋をえがいた漫画『ヲタクに恋は難しい』の第6巻が発売されました。

 

2018年4月~6月までフジテレビ系のノイタミナ枠でアニメも放送されていた作品です。

 

漫画やゲームが好きな人は、共感できる部分もあって楽しめる漫画です。

 

そんな『ヲタクに恋は難しい』の第6巻の感想をネタバレしないように述べていこうと思います。

6巻は成海×宏崇、樺倉×花、尚哉×光の3組それぞれに良いシーンがあるので読む価値ありです。

 

アニメを見て『ヲタクに恋は難しい』を好きになった人、漫画を買おうか迷ってる人の参考になれば嬉しいです。

 

 

Amazonプライム会員特典で、アニメ『ヲタクに恋は難しい』を見ることができます。

 

 

 

『ヲタクに恋は難しい』6巻発売記念の特典付き

f:id:mutsukitorako:20180805182616j:plain

表紙は成海と宏崇の浴衣姿です。

収録エピソードの中に社員旅行で温泉へ行く話があるので、二人のお風呂上りを描いていますね。

 

6巻発売記念の特典(写真左)が付いていました。

主要キャラ6人のうちの誰かの絵が入っています。

わたしが購入した本屋では、キャラのイラストが表に出ており、好きなキャラを選べるようになっていました。

 

さらに他の巻にも入っていました。

発売記念だから、6巻限定ってわけではないのかな。

 

この6人の絵は6巻の中にも描かれています。

 

 

『ヲタクに恋は難しい』第6巻収録エピソードの紹介と感想

社員旅行

6巻のメインのお話は、みんなで社員旅行へ行くというものです。

社員旅行肯定派の成海、否定派の花、興味なし派の宏崇のやりとりからスタートします。

そして、旅行の幹事は樺倉ということで、社員旅行は実質強制参加に。

 

旅行を通じて同僚との交流を少しずつ深めていく宏崇の様子に、成海も喜び、応援していきます。

旅行中はそれぞれ別行動をする成海と宏崇ですが、最後に成海らしいオチもありつつも、ほっこりとさせられます。

 

樺倉×花の関係も良いですね。

花は常に樺倉さんを心配しているイメージです。

酔った樺倉さんはイケメンで、あのシーンはキュンしますよ。

 

 

読者のリクエストに答える

成海たちが読者のお題に答えていくというものです。

例えば、「ポ〇モンのように自分の名前にちなんだ鳴き声しか出せなくなった宏崇」というお題があります。

そんな宏崇の発する言葉を、成海、花、樺倉が解読しようとします。

 

他にもお題はいくつかあり、個人的に気に入ったのは、「ドSな尚ちゃん」です。

尚哉と光のやりとりがとってもかわいいんですよ。

 

 

樺倉のスマート退社の理由

そそくさと退社をする樺倉ですが、その理由は・・・。

花には察しがつき、気を遣います。

 

樺倉さんもいろいろと大変だなぁと思うエピソードです。

 

 

ホワイトデー

成海へのホワイトデーのお返しをなににしようか悩む宏崇のエピソードです。

社員旅行のエピソードでもそうですが、6巻は同僚たちが少しずつ目立つようになりました。

この話でも、まだ名前を覚えきれてない2人の同僚に宏崇は相談しています。

 

その後は尚哉と一緒に買い物に行くのですが、体力のない宏崇はすぐにぐったり。

なんだかんだで最終的には成海が笑顔になってくれそうなものを選びます。

相手のことを想いながらゆっくり進んでいく2人の恋はなんだか心が温かくなりますね。

 

 

女子会

同僚の女子社員である千葉さんが登場します。

成海は千葉さんの前ではオタク的なところを隠して対応するのですが、花はさらりとオタク的なところを見せます。

そして、最後には千葉さんの勝手な妄想が・・・。

 

同僚たちが今後どんな風に絡んでくるのか楽しみな内容になっています。

 

 

尚哉と光

尚哉と光が登場するエピソードは2つあります。

1つ目はゲームセンターにはまり始めた光が、偶然尚哉と始まるところからスタートします。

尚哉と出会ったあと、成海と宏崇も登場します。

 

光は尚哉と成海の関係を誤解してしまうのですが、あとから違っていたことに気づきます。

その時の光の様子を見ると、ちょっとずつ尚哉に惹かれ始めているのかなぁと考えてしまいますね。

2人の仲が今後どうなっていくのか楽しみです。

 

もう1つのエピソードは、6人でオンラインゲームで遊ぶものです。

尚哉もノートパソコンを買い、宏崇のパソコンを使わなくてもログインできるようになりました。

光はまだまだみんなとの交流には慣れていないですが、これから徐々に慣れていくのかなぁと期待しています。

 

 

実写映画化も決定

youtu.be

第6巻の帯にも書いてあるのですが、実写映画化が決まったそうです。

 

前にノイタミナ枠で放送された『恋は雨上がりのように』もでしたが、アニメ化→実写映画化の流れが『ヲタクに恋は難しい』でもきましたね。

ノイタミナで放送されたアニメって実写化すること多いのかなぁ。

 

まだキャストが誰かなど詳細は決まっていないようなので、今後の情報が待ち遠しいですね。

 

個人的には実写化なら映画じゃなくてドラマが良かったなぁと思います。

成海役の人は漫画とか好きな女優さんが演じてくれると嬉しいなぁ。

 

では、最後まで読んで下さってありがとうございました。

6巻は、成海×宏崇、樺倉×花、尚哉×光の3組ともほっこりするエピソードがあるので、ぜひ読んでみて下さいね。

 

 

 

Amazonプライム会員特典で、アニメ『ヲタクに恋は難しい』を見ることができます。