睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。ペット、漫画、暮らし、お金関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

【スポンサーリンク】

ノーマネーデーについて考える~ノーマネーデーを作って節約につなげよう~

スポンサーリンク

ノーマネーデーを作って節約につなげよう

 

さっそくですが、“ノーマネーデー”という言葉をご存じですか?

 

読んで字のごとく

 

お金を使わない(使わなかった)日

 

のことです。

 

あなたはこの1ヶ月をふり返って、ノーマネーデーは何日くらいありますか??

 

もしかしたら、ノーマネーデーは0日という人もいるのでは

または、ノーマネーデーがあったかすら思い出せないなんて人も

 

ノーマネーデーは意識すれば作り出せます。

 

ノーマネーデーを意識して作るために考えてみましょう。

 

 

 

 

ノーマネーデーとは

「No Money Day」の字のごとく、お金を使わない(使わなかった)日のことです。

わたしは愛読している日経WOMANという雑誌からこの言葉を知りました。

 

 

 

ノーマネーデーの作り方

ノーマネーデーの作り方は、簡単に言えば1日お金を使わなければいいだけです。

 

ノーマネーデーを作ることを簡単だと思う人もいれば、難しいととらえる人もいるでしょう。

 

難しいと思う人は、毎日外食をしていたり、毎日カフェに通っていたり、毎日コンビニに行っていたり、毎日スーパーに食材を買いに行く人ではないでしょうか。

 

すでに毎日の習慣になってしまっている場合、ノーマネーデーを作るのは難しく感じるかもしれないですね。

 

習慣になってしまっている場合、例えば1週間のうち3日間をノーマネーデーにしようと思うと、かなりハードルが高くつらくなります。

なので、1週間のうちの1日、10日間のうちの1日など、自分のできるところから始めてみるといいでしょう。

 

1週間のうち1日は自炊をしてみたり、カフェにいかず自宅でコーヒーを飲んだり、コンビニに寄るのをやめたり、2日分まとめてスーパーで食材を買ったりと。

 

1日だけノーマネーデーに挑戦してみることをおすすめします。

 

 

 

ノーマネーデーを作るメリット

では、ノーマネーデーを作ってみようとおすすめするメリットとはなんでしょうか。

わたしが考えるメリットをお伝えします。

個人的な意見なので、ノーマネーデーのメリットはわたしがお伝えする以外にもたくさんあると思います。

きっと、メリットは人それぞれに存在すると思うので、一つの例として受け止めて下さい。

 

無駄遣いが減る

ノーマネーデーはお金を使わなかった日です。

ノーマネーデーが増えることで、買い物をする回数も減ります。

買い物をする回数が減ることで、無駄遣いをする回数も減る可能性があります。

もちろん無駄遣いの金額にもよるので、ノーマネーデーが増えることで確実に支出が減るという保証はできません。

 

でも、無駄遣いをする機会を減らすことが節約につながる気がしませんか。

 

 

財布も長持ちする

ノーマネーデーが増えることで、かばんから財布を取り出す回数、お金を出し入れする回数が減ります。

もしかしたら、財布の長持ちにつながるかも?しれません。

 

 

家計簿も長続きする

家計簿ってめんどくさがりな人はなかなか長続きしないですよね。

長続きしない理由の一つは、記入する日が多いからというのもあるかもしれません。

ほぼ毎日お金を使う人は、ほぼ毎日分の支出金額を書く必要があります。

では、ノーマネーデーが増えるとどうでしょう。

家計簿を書く日、書く機会も減るので、続けるのが少し楽になるかもしれないです。

 

 

時間も節約できる

ノーマネーデーが増えることは、買い物する時間も減らすことができます。

まとめて買えるものは、まとめて買うことで、ノーマネーデーには時間が余ります。

お金だけではなく、時間も節約できる可能性があります。

節約できた時間は、自分のスキルアップやリフレッシュなどに使えば有意義な気分を味わえるでしょう。

 

 

 

ノーマネーデーを作るデメリット

正直あまりデメリットは思いつかないですが、一つ言えることがあります。

 

最初からはりきり過ぎると疲れる

ノーマネーデーが0日の人が最初からはりきって週に3かをノーマネーデーに決めるなどはやめましょう。

最初からはりきり過ぎると長続きしません。

無理な我慢はストレスもたまり、反動で余計に出費がかさむだけです。

まずは、週1日、10日に1日など、自分ができそうな範囲でチャレンジしてみましょう。

 

 

ノーマネーデーを作ったあとは

ノーマネーデーを作ったあと、作れたあとは何をするか。

もし、ノーマネーデーが今まで0日で、なんとかノーマネーデーを作れた人は、まず自分をほめてあげましょう。

 

カレンダーや手帳にノーマネーデーを印付けるのもいいですね。

自分ががんばった証が視覚的に確認できてやる気につながります。

 

そして、節約につなげていくために、家計簿をつけてお金の使い方を見直すのもいいでしょう。

また、貯金につなげていくために、ノーマネーデーには100円、500円など貯金箱にお金を入れていくのもいいですね。

 

せっかく作れたノーマネーデーに、自分ルールを足して楽しんでいくと長く続けられるかもしれません。

 

最後に

ノーマネーデーはお金を使わない(使わなかった)日です。

ノーマネーデーを作ることで、節約につながるメリットがあります。

ノーマネーデーを作ることができたら、自分なりのルールを作って楽しく続けられる方法を見つけることをおすすめします。

 

ちなみに、私のノーマネーデーは月に10日~15日くらいです。

基本的に買い物をする曜日を決めているので、ノーマネーデーはあまり苦にならず自然と作れています。

 

 

人それぞれのペースや合う方法があると思うので、苦しくならない程度に楽しくノーマネーデーを作ってみましょう!

 

 


30歳代ランキング