睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。現在は夫の農業経営を手伝い中。ペット、漫画、暮らし関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の見どころポイントと感想【ややネタバレあり】


『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の見どころポイントを紹介【ややネタバレあり】

2019年の名探偵コナンの映画は、『紺青の拳(フィスト)』。

 

コナンVS怪盗キッドVS京極真

雌雄を決する三位一体バトルミステリーです。

 

さっそく映画を見てきたので、『紺青の拳(フィスト)』の見どころポイントを紹介します。

これから見に行く人のために、犯人などの詳しいネタバレは避けますが、見どころをお伝えする際に、ややネタバレになってしまう部分もあるかもしれません。

あまり内容を知りたくない場合は、これ以上読まないようにお願いします。

 

見に行く前に、少しだけ見どころポイント、注目ポイントを把握しておきたい場合は読んでみてくださいね。

 

『紺青の拳(フィスト)』に登場する京極真がどんな人物か知りたい場合は、京極真セレクションという漫画がおすすめです。▼

www.mutsukitorako.com

 

 

 

 

『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の見どころポイント

舞台はシンガポール。

シンガポール近海に沈んだ世界最大のブルーサファイア『紺青の拳(フィスト)』をめぐって事件が起こります。

殺人事件現場に怪盗キッドの血塗られた予告状が残されており・・・。

 

 

今回はコナンは怪盗キッドに協力せざるを得ない?

ブルーサファイア紺青の拳を狙い、怪盗キッドはシンガポールへ。

一方で、園子の恋人である京極真が出場する空手トーナメントの観戦をするために、毛利蘭、鈴木園子、毛利小五郎もシンガポールへ。

しかし、パスポートもなく、コナンの姿ではシンガポールへ行くことができないコナンはというと、キッドにより強制的にシンガポールへ連れてこられます。

 

キッドがいないと日本へ帰国することもできないコナンは、今回は怪盗キッドに協力せざるを得ない状態に。

 

今までも、好敵手ながらもお互いに協力する、助け合う時もあった、コナンと怪盗キッド。

映画では最初から最後まで2人が協力する姿を見ることができます。

一緒に行動することも多く、いつもよりも2人の協力関係が楽しめるのが、今回の映画『紺青の拳(フィスト)』。

一番の見どころではないでしょうか。

 

 

キーワードは『拳』

映画のタイトル、宝石の名前にもある『拳』。

空手家の京極真にとっても大事な『拳』。

今回の映画のキーワードですね。

 

映画中盤で怪盗キッドがコナンに『拳』という言葉を使って、探偵とマジシャンの例え話をします。

個人的に印象に残ったこのセリフ。

事件解決のヒントにもなっています。

 

ぜひしっかり聞いてみてくださいね。

やっぱりキッドはかっこいいなぁと感じますよ。

 

 

京極真の額の絆創膏の秘密が明らかに

京極さんって、いつも左眉のところに絆創膏を貼ってますよね。

何か意味があるのかなぁとちょっと気になっていました。

映画の中でも絆創膏を気になる仕草をするときがあり、映画の中では絆創膏の話題が出ます。

 

実は秘密が隠されており・・・。

これは映画を見てのお楽しみですね。

 

 

終盤の園子がかわいい

正直なところ、今まで園子のことをかわいいと思ったことはなかったのですが・・・。

今回の園子はかわいいです。

序盤の方はいつも通りな感じですが、とくに注目なのは終盤の園子。

普段見ない姿だったのが新鮮なのと、作画がきれいでさらにかわいく見えました。

お見逃しなく。

 

 

最後はキッドらしく終了

コナン映画はエンディング曲が終わったあともストーリーが続きます。

エンディングロールで、キッドといえばあの人の名前が出てくる通り、最後はキッド映画らしい終わり方でした。

エンディングの時に映画館を出ていかずに最後まで席に座っていましょう。

 

最後に

今年のコナン映画『紺青の拳(フィスト)』も見どころがたくさん。

コナン、怪盗キッド、京極真の3人がそれぞれどんな活躍をするのか、京極真と鈴木園子の関係、蘭と新一の関係。

推理あり、バトルあり、ラブもありと盛りだくさんです。 

 

去年のゼロの執行人よりもアクションは多めな感じですね。

推理や設定に関してはゼロの執行人よりも易しめで、子どもも楽しめると思います。

ゼロの執行人は警察やら検察やらの説明のところがちょっと難しく感じるところもありましたもんね。

 

 シンガポールが大変なことになりますが、最近のコナン映画らしい迫力ある映像が楽しめるでしょう。

 

そして、これもコナン映画の楽しみですが、来年のコナン映画のメインキャラの発表があります。

ここ最近の流れを見ると、残っているのはあの人くらいかなと思っていましたが、案の定あの人ですね。

映画は漫画の進行具合にも合わせて設定が考えられているので、映画も楽しみですが、漫画の方もなにか進展があるのかなぁと楽しみになりました。

 

では、最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

まだ映画は始まったばかり、ぜひエンディングが終わった後まで席を立たずに楽しみましょう。

 

去年の映画『ゼロの執行人』に関する記事はこちら▼

www.mutsukitorako.com

www.mutsukitorako.com

 

コナンを楽しむなら、『music.jp 』がおすすめ!

音楽だけでなく、漫画、アニメ、映画、実写ドラマも楽しめます。

\30日間無料お試しも/