睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。ペット、漫画、暮らし、お金関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

【スポンサーリンク】

久しぶりに映画館で観たコナン映画、『名探偵コナン ゼロの執行人』

スポンサーリンク

f:id:mutsukitorako:20180415183547j:plain

安室さんの魅力がいっぱい詰まった映画!

今年のコナン映画をひとことで言うとそんな感じです。

久しぶりにコナン映画を映画館で観ましたが、満足しかないです。

 

こんばんは。

睦月とら子です。

 

名探偵コナンは、アニメ放送が始まった頃からアニメや漫画をみてきました。

アニメ放送が始まったのは、1996年なので、もう22年も前なんですね。

私は当時はまだ小学生でした。

 

小中学生だった頃は、コナンの映画は親と一緒に映画館へ観に行っていました。

漫画もずっと買って読んでいました。

アニメもずっと観てました。

 

だんだん年をとって、一時はコナンから少し離れていた時期がありました。

アニメはタイミングが合った時に観る程度、漫画はレンタルして読む程度になりました。

映画は映画館に行ってまで観ることはなくなり、テレビで放送された時に観るくらいでした。

 

そんな私でしたが、1,2年前くらいから、再びコナンにはまっています。

コナンから離れていた間に、黒の組織の話が進んでいたり、魅力的な登場人物が出てきていました。

 

その一人が、3つの顔を持つ安室透さん。

私立探偵である安室透。

公安警察である降谷零。

黒ずくめの組織であるバーボン。

 

『ゼロの執行人』では、公安警察としての安室さんの姿がメインで描かれています。

彼にとって正義とはなんなのか、彼にとって大切なものはなんなのか・・・

謎めいた存在の彼の想いが垣間見える素敵な作品です。

 

安室さんファンが増えそうですね。

大人の人にぜひ観て欲しい作品です。

大人になってコナンから少し離れてしまった人も再びコナンの漫画を読みたくなるかもしれません。

安室さんはコナン連載開始時に子供だった読者を魅了するキャラだと感じ、原作者も映画製作者も戦略がうまいなぁと、勝手に考えています(笑)。

 

 

youtu.be ©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 

今回の映画は安室透さんがキーパーソンです。

映画を観に行ってみたいけど、安室さんを知らないという人や、復習してから観に行きたい人は、安室さんは漫画の75巻から登場するので予習してから行くといいかもしれません。

 

名探偵コナン 75 (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン 75 (少年サンデーコミックス)

 

 

 

また、今回は公安警察がキーポイントにもなります。

警察、公安、検察、弁護士などが出てきて、劇中でもこれらの職業の役割や立ち位置を解説してくれます。

しっかり聴かないとよく分からなくなるかもしれないので、予習していくと理解しやすくなるかもしれないです。

警察、検察ドラマなどが好きな人はいいかもしれないですね。

 

あまり書くとネタバレになってしまうので、ここまで。

最後に、福山雅治さんの曲が終わるまでは席を立たない方がいいです。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

来月はUSJでコナンや安室さんに会える予定なので、それも楽しみです♪

 

もう少し内容を知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

 

www.mutsukitorako.com

 

 


30歳代ランキング