睦月とら子のひとりごと

30代女性獣医師&主婦。ペット、漫画、暮らし、お金関連で好きなことやおすすめしたいことを書いています。読者登録、フォロー、ブクマなど大歓迎です♪

【スポンサーリンク】

【獣医師が教える】ねこのキャリーを選ぶポイントとおすすめ~わが家のキャリーも紹介するよ~

スポンサーリンク

獣医師が教えるねこのキャリーを選ぶポイントとおすすめ

ねこを動物病院に連れていく際は、ねこが移動中に外に脱走しないようにするため、動物病院で他の動物を見た時に驚いて逃げ出さないようにするため、キャリーが必要です。

 

キャリーはねこの安全を守るものでもあります。

 

ねこのキャリーといっても今はたくさんの種類のキャリーが存在します。

実際どれを選んだらいいのか、ねこを初めて飼うあなたには難しいですよね。

 

そんなあなたに、獣医師の睦月とら子(@torako)がキャリーを選ぶポイントを7つお伝えします。

そして、7つのポイントを元におすすめのキャリーを4つ紹介します。

 

ぜひ7つのポイントをキャリー選びの参考にしてくださいね。

 

記事の最後では、わが家で使っているキャリーも写真付きで紹介しています。

 

 

 

 

ねこのキャリーを選ぶ7つのポイント

f:id:mutsukitorako:20180716160503j:plain

丈夫である

ねこの寿命は長いと20年近くあります。

ねこが若いうちは病気も少ないですが、年をとってくると何かしらの病気になることがあるでしょう。

病気になってしまった時はどうしても動物病院へ通う頻度が増えます。

そのため、何度使っても壊れにくいもの、長持ちするキャリーを選びましょう。

 

布製品のものは、ねこの性格によってはねこが爪でひっかいたり、かみついたりすることで破れてしまうことがあります。

なので、どちらかというとプラスチック製のものがおすすめです。

ただ、プラスチック製のものは布製のものに比べると重たく、特に女性にとっては運びづらいというデメリットもあります。

 

もし布製のキャリーを使う場合は、洗濯ネットの中にねこを入れてからキャリーに入れるといいかもしれません。

爪でひっかくなどキャリーを破られるリスクを減らすことができます。

 

また、災害時のことも考えると丈夫なキャリーの方がねこの安全も確保できるので耐久性は重視しましょう。

 

 

通気性がよい

夏は長時間せまいキャリーの中にいると蒸し暑くなってしまいます。

そのため、ねこがキャリーの中で熱中症になる可能性もゼロではありません。

 

多くのキャリーは通気性をよくするために、一部分が格子状やメッシュ状になっています。

よほど長時間熱い車の中にねこを置いておくことをしない限りは問題ないでしょう。

 

心配な場合はキャリーの中あるいは外に保冷剤を入れるなどの対策をするといいでしょう。

 

 

洗いやすい

動物病院へ行く、注射をうたれるなど恐いことが起きたときに粗相をしてしまうねこがいます。

トイレシートやタオルなどをキャリーの下にひいて対策をしても、中でねこが動いてシートなどがずれてしまうことがあります。

そうするとキャリーがおしっこやうんちで汚れてしまいます。

 

一度粗相をしてしまうと、それ以降も同じことが起こるたびに粗相をしてしまうことがあります。

 

そんな時に、キャリーがすぐ洗えるものの方が都合がよいです。

汚れやにおいが染みついたままのキャリーは衛生的にも良くはありません。

 

また、ねこはきれい好きなのです。

そのため、自分の排泄物のにおいがする場所に閉じ込められていることを不快に感じるでしょう。

 

人間側からしても、臭いキャリーが家の中にあるのは嫌ですよね。

なので、衛生面でも自分が管理しやすいものを選びましょう。

 

 

中の様子が確認しやすい

病気で通院していて、時間が経つごとにねこの状態が悪くなってしまっている時、キャリーを開けなくても中にいるねこの様子が確認しやすい方が都合がよいです。

なぜなら、診察を待っている間にねこの様子がおかしいと思ったときに、すぐに病院のスタッフに伝えることができるからです。

 

もちろん、元気なねこの場合でも、キャリーの中で暴れてしまって爪などから出血してしまった時、いろいろなストレスで調子が悪くなってしまった時に、中の様子が確認できればすぐ対処することができます。

 

ここで、先ほど「キャリーを開けなくても」と書いたことには意味があります。

もし、外や病院の待合室でねこの様子を確認しようとキャリーを開けると、ねこが脱走する恐れがあるからです。

ねこは慣れていない場所では、わたしたちが思いもしない行動を起こすことがあります。

 

もし、外へ逃げてしまったら、もう二度と会えなくなるかもしれません。

なので、ねこの突発的な行動を考えると、キャリーを開けなくても中の様子が確認できるものがおすすめです。

 

 

組み立てが簡単

プラスチック製のキャリーの一部に分解できるタイプのものがあります。

分解できるキャリーは、中にいるねこが全く出てこない時に分解して出せるというメリットがあります。

 

この時、分解と組み立てが簡単にできるキャリーの方が便利です。

例えば動物病院にて、キャリーを分解してねこを出し、診察が終わった時のことを考えてみましょう。

 

なかなかキャリーを組み立てれず時間がかかってしまうと、ねこは早くキャリーの中に逃げ込みたいのに逃げれない。

飼い主がキャリーを組み立てている時間はねこにとってはストレスでしかありません。

 

キャリーの種類によっては、わたしたち動物病院のスタッフでも組み立てに時間のかかるものがあります。

プラスチック製の分解可能なキャリーを選ぶ場合は、自身が組み立てれるものにしましょう。

 

 

ねこを出しやすい

必要な時に自分でキャリーから出てくれるねこの場合はいいのですが、ほとんどのねこは自分からは出てきません。

 

出てこない場合、キャリーの中に手を入れて出したり、キャリーをななめに傾けて出したりします。

この時キャリーから出たくないとねこは必死に抵抗することがあります。

必死に抵抗するねこはキャリーの扉に手足をひっかけます。

そして、無理に出そうとすると爪が割れてしまうなどのケガをしてしまいます。

 

こうならないように、ねこが出しやすいキャリーがおすすめです。

例えば、上に扉がついていて上からねこを出せるキャリー、扉が2ヶ所以上ついていてどれかの扉からねこを出せるキャリーなどです。

 

上に扉がついているキャリーは、扉の大きさにも注目しましょう。

なるべく扉が大きい方がねこは出しやすいです。

 

基本的にねこをキャリーに入れる時は動物病院へ連れていく時です。

獣医師の立場からもねこが出しやすいキャリーの方が都合が良いです。

 

 

キャリーの上部をはずすことができる

これは一部の分解できるキャリーのことですが、上部をはずすことで生まれるメリットがあります。

先ほど書いたねこを出しやすいということもメリットの1つです。

 

さらにもう1つは、上部をはずした後も恐がりなねこはキャリーの中でじっとすることが多いです。

これは、上部がなくなってもキャリーの中に隠れているという気持ちになっているからです。

 

このキャリーに隠れている状態でわたしたち獣医師は注射などの処置をすることができます。

バスタオルなどで視界をふさいであげると、より安心できるねこもいます。

ねこにとって嫌な処置はなるべく短時間で終わらせる方がお互いにストレスがなくて済みます。

 

なので、上部をはずせるキャリーは、動物病院側の立場からは都合の良いものです。

 

 

おすすめのキャリーの紹介

では、実際どんなキャリーがおすすめなのか、その一部を紹介します。

 今回はプラスチック製の4つのキャリーについて簡単に説明します。

 

 

このキャリーは扉が2ヶ所あるのと、分解して上部を取り外せることがメリットです。

横についている扉は左右どちらからも取り外し可能です。

左右ともに取り外せば扉自体を取り去ることができます。

 

組み立て時も、本体を組み立てた後、最後に扉をはめることができるので簡単です。

扉が片方しかはずせないタイプのキャリーは、組み立ての時に扉も同時に取りつけながら組み立てるのですが、これが結構やっかいなんですよね。

 

リッチェルのキャンピングキャリーについては、【獣医師が教える】猫用キャリーはリッチェル製品が扱いやすくて便利 の記事も参考にしてくださいね。

 

 

 

上のリッチェルのキャリーに似たタイプのキャリーです。

横の扉は似たような感じですが、上の扉の開閉向きが異なります。

開閉向きによってそんなに大きな違いはないでしょう。

こちらのキャリーの方が色の種類が豊富なのがポイントです。

 

 

 

リッチェルの丸みをおびたタイプのキャリーです。

キャンピングキャリーに比べるとこちらの方が軽くて女性には持ちやすいです。

扉は上のみですが、このキャリーも上部を簡単にはずせるので便利です。

 

 

 

使っている人が多いキャリーの1つです。

下の部分がメッシュ状なので通気性が良いのと、中の様子が確認しやすいです。

扉の片方は小物入れになっているのも特徴的です。

このキャリーも軽いので女性には扱いやすいと思います。

 

ただデメリットとしては、扉の接続部分がやや壊れやすいことです。

また、リッチェルピコキャットキャリーとメッシュペットキャリーは体重の重いねこを入れる時は注意が必要です。

重力がハンドル部分にかかってくるので、かなり太っているねこを入れる時は壊れないか心配になります。

 

 

他にも今はペット用のキャリーは数えきれないくらい種類が豊富です。

リュック型のキャリーも増えてきました。

リュックタイプは背中で背負えるので、飼い主の両手がフリーになるので便利そうに見えます。

 

すべてのポイントを満たすのは難しいかもしれませんが、あなたとねこに合ったキャリーを探してみましょう。

 

 

わが家のキャリーの紹介

わが家で使っているキャリーはリッチェル キャンピングキャリー ダブルドア S です。

ねこも女の子なので色はピンク色を選びました。

f:id:mutsukitorako:20180716173643j:plain

扉は手前と上の2ヶ所についています(写真左)。

手前の扉は左右どちらからも開けることができるのと、完全に取り去ることができます(写真右)。

 

ねこ用ベッドとして自宅で使用するのもいいかもしれませんね。

 

f:id:mutsukitorako:20180716173916j:plain

キャリーを分解すると3つに分かれます。

本体部分の上下を分けるには4つのつまみをはずすだけなので簡単です。

組み立ても本体を作ってから最後に手前の扉をはめるだけなので時間がかかりません。

リッチェルのキャンピングキャリーについては、【獣医師が教える】猫用キャリーはリッチェル製品が扱いやすくて便利 の記事でも紹介しています。 

 

わが家のねこ、キャリーの写真を撮ろうとしていたら、どこからともなくやってきました。

キャリーの周りをうろうろしながら撮影範囲に入ってきます。

キャリーを分解するとキャリーの中へ入っていき、座りました。

ねこが入るとこんな感じ!というのが伝わるのでちょうど良かったです。

 

ちなみにわが家のねこが自然にキャリーの中に入ってくるのは、キャリー自体を恐いものと思っていないからでしょう。

こちらの記事でキャリーの慣らし方についても書いているので、参考にして下さい。

www.mutsukitorako.com

 

 

最後に

キャリーを選ぶ7つのポイントについて紹介しました。

他にも、人によって、ねこによって選ぶポイントは様々でしょう。

ねこを飼い始めたばかりの人にとっては、どれを選んだらいいのか迷うところですね。

 まずは今回紹介した7つのポイントを基本として考えてみてください。

 

そして、丈夫で使いやすいキャリーの1つとして、今回紹介したキャリーを候補に考えてみてくださいね。

使い勝手が悪い、別タイプのキャリーも試してみたいという場合は、違うキャリーも使用してみて、状況ごとにキャリーを使い分けるのもいいでしょう。

 

動物病院に連れていく際は、ねこの安全のためにもキャリーは必要です。

あなたとあなたのねこに合ったキャリーが見つかるといいですね。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。